2011年11月08日

2011.11.04号

「敵と戦う時間は短い、自分との戦いが明暗を分ける」
1980年11月4日、31年前の今日、一本足打法で世界記録の868本のホールランを量産した王貞治監督の言葉です。
そのまま今年の就活生へのメッセージになりそうです。今年の採用活動は、スタートが2ヶ月遅く、終了は例年通りの短期決戦になります。
ただ、就職活動は「一本足」ではなく、両足を地にしっかりつけて進めて欲しいと望みます。
では、今日は第二の開国「TPP」についてです。

「TPPって何?」
国際経済を考える上で、貿易はとても重要な要素です。自国の製品を輸出すれば、利益を得ることができる反面、海外から製品を輸入すると、自国の産業と競争することになり、国際競争に勝てなければ倒産に追い込まれる企業もあります。そこで政府は、自国の産業(企業)を保護するために、輸入された製品に決められた割合の税金をかけます。これが関税です。例えば、日本の小麦の関税率252%なので、海外から日本に100万円分のコメを輸入しようとすると、252万円の税金がかかります。ですから、それを売るときには、元値+関税の352万円で売ることになります。元々100万円のものを352万円で売らないといけないので輸入品は相当不利ですよね。このように、自国の保護したい産業に対しては高い関税を掛けることで輸入の制限をします。これを関税障壁と言います。例えば、日本は、自動車やテレビなど、関税を掛けなくても技術力で圧倒的に差をつけられる工業製品には原則関税を掛けていません。それに対し、農産物は海外の大規模農場に対して、絶対的に価格競争では勝てないため、コンニャク芋の1706%、コメの778%を代表に非常に高い関税率を掛けて農家を保護しています。しかし、各国が様々な商品に高い関税をかけすぎると、国家間での輸出入が減り、世界経済は大きく停滞してしまいます。そこで、国家間で貿易のルールを決める自由貿易化が近年は進められています。
今回のTPPもその一つで、日本語では環太平洋戦略的経済連携協定といい、太平洋を取り巻く国家間で貿易のルールを決めましょう、という話です。元々は2006年にシンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイという小国が自国の弱点を補う意味で始めた小さなグループでした。しかし、2010年にアメリカが参加を表明したことで、日本も参加を検討し始めたために、太平洋圏全体を巻き込む大きな話になってきました。
では、日本が参加するとどのようなメリットがあるのか?次号で解説したいと思います。
posted by IKJ at 11:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。