2012年03月27日

メルマガ2012.03.26号

春らしい季節になってきました。
別れと出会いの季節、IKJでも先日18日に新社会人旅立ちセレモニーが行われました。涙、涙のセレモニー、元ダイヤモンド社社長田村紀男先生を来賓にお迎えして「こんな若者ばかりなら、これからの日本も捨てたもんじゃない。」というお言葉を頂きました。同時に、OB・OG会「絆会」も発足。絆を永遠に続けていくと共に、これからの日本を担う人材を絆会から輩出できればと思います。
また、先日は就活BOOTCAMP第3弾「選考突破BOOTCAMP」開催。とにかく面接における返答力を鍛えようという事で、2時間喋りまくりの企画。のどがカラカラです。といった声も多かったですが、いかがだったでしょうか?
IKJは、これからも就活生のミスマッチのない就職を応援し続けます。第1弾「自己分析BOOTCAMP」、第2弾「エントリーシートBOOTCAMP」、第3弾「選考突破BOOTCAMP」に引き続き、第4弾も乞うご期待下さい。
塾生以外の方は、前述のように随時IKJ主催セミナーも行ってますので、是非ご参加ください。

では、今日の時事解説です。
「AIJ問題(前編)」
AIJ投資顧問が約2000億円の年金資産のほとんどを消失させた事が報道されました。この問題は、単に運用の失敗というだけでなく、年金運用における根本的な問題をいくつも浮き彫りにしました。
聞きなれない言葉が多いと思うので、一つずつ解説していこうと思います。
まず「投資顧問会社」とは、投資家への助言や資産運用などを専門に行う企業の事です。資産を増やす方法の代表的なものの一つに「預貯金」があります。しかし、ご存じのようにバブル以来の日本はゼロ金利政策を続けており、たとえ1000万円預けたとしても年間数千円程度の利子しか付きません。これでは、いつまで経っても資産は全然増えないですよね。
そこで、もっと効率的に増やす方法として、株取引や為替取引(FXとか外為取引とも言われます)などが考えられますが、これはリスクがある事なので多くの知識や経験が必要になり、素人には難しいところがあります。そこで、資金を預ければ、代わりにプロが運用を行いましょうというのが、「投資顧問会社」です。AIJもこの「投資顧問会社」の一つです。そのAIJが顧客から預かった2000億円のほとんどを運用に失敗して、消失したという事です。
では、2000億円の資産は誰から預かったものが多かったのか?それは、「厚生年金基金」から預かったものがほとんどだという事が分かっています。次に、「厚生年金基金」とは?
民間企業の年金は、1階部分が国民年金(定額支払の公的年金)、2階部分が厚生年金(所得に比例して支払・受取も所得に比例する公的年金)、3階部分が企業年金(企業によってあったり無かったりする私的年金)の3階建てになっています。
「厚生年金基金」とは、本来公的年金である厚生年金の一部を国に代わって運用し、企業側の努力で退職者の年金を増やせるようにした制度の事で、つまり国に代わって運用する事で出た利益分はその分多く配分出来る仕組みです。しかし、その反面、運用に失敗すれば、代行部分より減ってしまった分は、その企業が穴埋めをする必要があります。
つまり、多くの厚生年金基金から預かった年金資産のほとんどをAIJが消失してしまったため、その厚生年金基金に所属する企業が穴埋めをしなくてはならない事態になっているという事です。
AIJに運用を委託していた厚生年金基金のほとんどは、同業種の零細企業が集まって作った基金であり、もし穴埋めをするとなるとそれに伴い、連鎖倒産する可能性がある状況になってきています。
以上が、今回のAIJ問題の表の顔です。次回はこの問題が抱える本質的な問題について解説します。キーワードは「天下り」です。
posted by IKJ at 20:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。