2012年07月08日

メルマガ2012.06.29号

「レアアースとは」
レアアースとは、「希土類」とも呼ばれる17元素の総称で、その生産量が極めて少ないことが由来になっています。(レア=rare=稀)
用途としては、液晶テレビやスマートフォン、ハイブリッドカーなどに使う最先端材料に使われており、ほんの少量を添加するだけで性能が飛躍的に向上することから、日本のものづくりにとって欠かせない資源の一つになっています。実際、世界の年間消費量の半分を日本で消費しています。
それに対して、レアアースの産出は非常に偏っており、世界の産出量の95%以上を担っているのが近年の現状です。このことが政治的、外交的に大きな影響を与えています。
尖閣諸島沖で発生した中国漁船衝突事件以降、中国は日本向けのレアアースの輸出を一時停止するなど、レアアースの輸出を外交カードの一つとして使ってきています。これに対し、日本を筆頭とする先進諸国は中国政府に抗議をしていますが、中国側からの大きな改善は見られない状況が続いています。
そこで、日本のものづくりを守るためにも中国以外からのレアアースの調達の道を模索し続けてきていました。
近日、日本の排他的経済水域(200海里以内)で大規模なレアアースが埋蔵していることが発覚しました。その量も少なめに見ても日本の現在の消費量で220年分という莫大な量があると見積もられています。
海底から掘り出さなくてはならないので、もちろんこれを利用するには、技術的にはハードルがありますが、採掘技術が確立されれば、レアアースの不足が一挙に解決されるだけでなく、日本が資源大国になることすら出来るかもしれないとてつもない発見といえるかもしれません。
posted by IKJ at 18:45| メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。