2013年01月12日

SPI3


リクルートが7年ぶりにSPIを改訂し、今の4年生つまり2013年卒の現在まで使われているSPI2から、2013年1月4日よりSPI3にリニューアルすることを発表しました。
(就活を継続している現4年生に関しても1月からはSPI3を受験しなくてはならないことになります)
そこで、今日は気になるSPI2からSPI3への変化について話していきたいと思います。
(1) 能力テストは変わらない。
能力テスト(言語、非言語共に)に関しては、問題形式の変更は報告されてません。つまりは、今までのSPI2の問題集もそのまま使って対策できることになります。
(2) 性格適性テストはリニューアル。
これが一番の変化です。SPI2は職務遂行場面で現れやすい特徴を見る問題が多かったのですが、時代の変化に伴いSPI3では周囲や組織との関わりの中で現れやすい特徴が分かるテスト形式になります。
(3) テストセンター受験の場合は、性格テストは事前に家で受ける。
(4) 企業側でテスト結果の報告フォーマットが変わる。
ということで、就活生には大きな影響は無さそうですが、知っておいて今後の対策に生かしていただけたらと思います。ではでは。
posted by IKJ at 15:45| メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。