2013年01月12日

衆議院選挙を振り返って

「衆議院選挙を振り返って」
今週日曜日、衆議院選挙が行われました。結果は、自民294席(公示前118)、民主57席(230)、維新54席(11)、公明31席(21)、みんな18席(8)、末来8席(61)、共産8席(9)、社民2席(5)、大地1席(3)、国民1席(2)、無所属5席と、自民党の圧勝で終わりました。
この獲得議席数について、今日は考えてみたいと思います。
選挙では、いくつか大切な数字があります。
まずは、「241」。これは、衆議院定数480名の過半数で、241席を単独で獲得できれば、ほとんどの法律が通すことが出来ることになります。ですから、ほとんどの党はまずはこの241席を獲得する事を目指します。
次に大切な数字は、「252」。これは安定多数といわれ、この議席数を確保すれば、全ての常任委員会で半数以上の議席を確保できるため、衆議院では、全ての法律を通すことが可能になります。しかし、法案を最終的に可決するには、参議院を通過させる必要があります。
そして、「320」。これは、衆議院定数の3分の2にあたる人数で、これはたとえ参議院で否決された法案であっても、衆議院で3分の2以上の賛成で再可決できることから、実質的に320席獲得することで、全ての法案が可決できるようになります。
また、「51」、「21」、「10」も意味合いを持つ議席数です。「51」は内閣不信任案や予算案を提出するのに必要な議席数(民主・維新が上回った)。「21」は予算案以外の法案を提出するのに必要な議席数、「10」は党首討論に参加するのに必要な議席数です。
今回、自民党と公明党を合わせて、325席の議席を獲得しました。自公連立が確認されているので、自民公明で、他の野党の協力が一切なくても全ての法律が通せる状態になったということです。
しかしながら、未だ参議院では自民公明でも、過半数の議席を持っていません。もちろん前述のとおり、衆議院で再可決することは可能ですが、衆議院で再可決するには一度衆議院を法案が通過したのち、最大60日間の時間が必要です。
ですから、325席獲得した自公連立政権も、本当の意味で、安定した政治を行っていくには、来年8月の参議院選挙で過半数を取る必要があります。
ゆえに、来年の参議院選挙が本当の戦いになるといわれているんですね。そこまで、自民党安倍総裁がどういう政権運営をしていくのか、国民も刮目しておく必要があります。さあ、26日安倍新首相が誕生します。
posted by IKJ at 15:48| メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。