2013年01月12日

財政の崖

国内では26日、臨時国会が召集され、自民党総裁の安倍晋三が総理大臣の任命されました。期間を空けて、2度目の総理大臣に任命されるのは、故吉田茂元首相に続き、戦後2人目です。
まだまだ、舵取りはこれからの部分が多いものの来年8月に行われる予定の参議院選挙までは、とにかく景気対策に力を入れることを表明しています。実際国内では、為替が1ドル84円台まで回復、日経平均株価は、東日本大震災後初の10300円を超えるなど、期待感が膨らんでいます。
そんな期待に水を差すかもしれない事態がアメリカで進行しています。今日のテーマでもある「財政の崖」です。
「財政の崖」とは、(1)前ブッシュ大統領が定めた減税策の期限が今年の末で切れ、実質的な大増税が行われることと、(2)去年の8月にアメリカが債務超過で破綻寸前になったときに決まった強制的な予算削減が来年の1月から同時に行われることを指します。
これらは、どちらも非常に景気に悪影響を与える要素なので、この2つが同時に行われることで、崖から転げ落ちるようにアメリカの景気が転落してしまうかもしれないリスクをはらんでいます。本当に、このことが起こると仮定すると、リーマンショック級もしくはそれ以上の景気悪化の可能性をはらんでいるため、アメリカ国内のみならず、日本を含む世界全体がリーマンショックに逆戻りという事態になりかねません。
ですから、オバマ大統領はなんとか、財政の崖を回避するための法律を議会で通すことを試みてはいますが、現在アメリカは上院と下院でねじれ国会のため、野党の共和党の賛同が得られず、未だ解決の糸口が見えてない状態です。
もしもしもしも、本当にアメリカが「財政の崖」から転落するようなことがあれば、2014年卒就活生にも影響を与えかねない大きな大きなリスクです。
posted by IKJ at 15:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。