2012年08月23日

メルマガ 2012.07.26号

道路に陽炎(かげろう)が出来るほど暑い日が続いています。
その不安定な空気の揺らめきを命のはかなさに例えた「かげろう」は、古来より日本に生息する昆虫です。
種類は色々あれど、異なる生息環境を好み、同じ川の中で数種が共存することから、「棲み分け」という言葉の語源にもなっています。
さて、「かげろう」には出来ても、人間には出来ない「棲み分け」が問題になっています。
「野村證券インサイダー取引問題」
最近、最大手の野村證券をはじめとする大手証券会社のインサイダー取引問題が取りざたされています。
そこで、今日はインサイダー取引について解説します。
インサイダー取引について知るには、まず証券会社の役割について知る必要があります。
証券会社とは、すっごく分かりやすくいうと、(厳密にはそれだけではありませんが)株を発行したい会社や株を売り買いしたい会社のお手伝いをしたり、アドバイスをしたりする会社ということです。
ですから大きく役割を分けると、株を発行したい会社にアドバイスをする「投資銀行部門」と株を売り買いしたい会社にアドバイスをする「営業部門」の2つの部門があります。
ここで、「株を新たに発行した会社の株価は下がる」という法則を使うと不正に儲けることが出来ます。
具体的には、投資銀行部門の顧客のA社に、新たに株を発行するようにアドバイスをします。そして、その裏では営業部門の顧客であるB社にA社の株を「空売り」するようにアドバイスをします。
空売りについて、身近な例で例えてみます。
例えば、友達から発売直後の漫画を借ります。それを即座に古本屋で売ります。発売直後なので、定価に近い400円で売れたとしましょう。それを半年後、安くなってきた頃に、古本屋で100円で買い、友達に漫画を返します。そうすると、300円の儲けになるでしょ?
これの「株」版と思ってくれたらいいです。値が下がることが分かっていれば、絶対に儲かりますよね。
A社の株が新たに発行されることを知っていれば、A社の株価が下がることも分かるので、B社は絶対に設けられるという仕組みです。
これを「増資インサイダー」といいます。
証券会社にしてみたら、両者に顔が立つ、すごく都合のいい商売ですよね。でもこんなことをしたら、他の投資家達は正直者が馬鹿を見て、損をすることになります。ですから、このように株の発行などに関する情報を事前に流すことは禁止されています。
これは、証券会社も例外ではなく、投資銀行部門と営業部門が1つの同じビルの中に入っている場合でも、あたかも違う会社のように、片方の部門の情報がもう片方の部門に流れないように厳重に管理されています。
ですが、この厳重な管理を超えて、不正な取引が増えてきていることが、日本の証券業界全体の信用不安に繋がっているということですね。

posted by IKJ at 20:43| メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガ 2012.07.19号

「オスプレイ」
オスプレイとは、米軍の軍用機V22の愛称で、その姿が鷹の一種であるミサゴ(英訳Osprey)に似ていることに由来しています。
オスプレイは、垂直離着陸機といい、プロペラの角度が変更できる航空機です。つまり、プロペラを上に向ければヘリコプターのように垂直離着陸や超低空飛行ができ、プロペラを横に向けると固定翼機のように高速飛行も可能なヘリコプターと固定翼機の特徴を併せ持った新型の航空機として、旧型のヘリコプターとの機種変更が進められています。
実際、日本でも40年以上普天間基地で使用され老朽化した中型輸送ヘリCH46の24機の機種変更に伴って、今年の10月から運用されることになっています。
しかし、オスプレイの配備に対して地元沖縄県と、一時的に搬入される予定の岩国基地がある山口県が反対を表明しています。これは、オスプレイが4月と6月に墜落事故を起こしており、またその原因調査が終わっていないことから、安全性に対して不安が払拭されてないことが原因です。
特に、今月29日に県知事選の投開票を控えている山口県では、このオスプレイの一時搬入が知事選の一つの焦点になっています。また政府は、反対姿勢を崩さない沖縄・山口と配備を急ぐアメリカとの板ばさみになっている状態です。
しかし、実際のところは日米安保条約上、配備を拒否する権利は日本側には認められていません。ですから、いくら反対しようが米軍側が強硬的に配備しようとすれば、それを止める手立ては今の所ないのですが、離脱が相次ぐ民主党のとっては、世論の高まりから無視も出来ない状況にあるというわけですね。
今のところ、オスプレイはもうすでに民間の輸送船に乗せられてすでに太平洋上を輸送されており、米軍側からは23日に岩国基地に搬入することが通達されています。政府はせめて29日の県知事選の投開票後に調整しようとしていますが・・・どうなることやらという状態です。

posted by IKJ at 20:41| メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガ 2012.07.13号

「ウナギ高騰」
先日、ある大手牛丼チェーンが鰻丼を100円値上げすることが報道されました。これから鰻が恋しくなる季節ちょっと気になるニュースですね。今日は、大衆庶民のちょっとした贅沢ウナギの歴史的高騰について解説していこうと思います。
皆さんは、根本的にウナギがどうやって生産されているかご存知でしょうか?
日本で食されているウナギのほとんどが「養殖モノ」であるといわれています。では、卵を産ませて増やせばいいじゃないか?と思うかもしれませんが、話はそう簡単ではありません。
実は、ウナギは現在の飼育環技術では卵から稚魚を育てることのできません。だから、ウナギを生産するには、天然モノを捕獲するか、もしくは、「シラスウナギ」といわれる稚魚の状態で捕獲してきて、成魚まで成長させるしかありません。
今、その「シラスウナギ」の捕獲量が劇的に減っています。捕獲量が減るということは、世の中は需要と供給の関係で値が決まりますので、当然シラスウナギの値段が高騰することになります。シラスウナギが高騰するということは、つまり成魚であるウナギの値段に反映されるということです。
じゃあ、卵から捕獲してきて・・・と考えたいところですが、それが出来ないのがウナギの気難しいところです。
ウナギの生態については、いまだ分からないことが多々あるのです。つい最近まで、卵さえ発見されていませんでした。産卵場は長く謎に包まれていましたが、ようやく06年になって、東京大学大気海洋研究所の塚本勝巳教授らのチームによりマリアナ諸島近くにあることが明らかにされました。
これも考えてみるとものすごいことです。人類が誰も見たことない卵を、あれだけ広い海の中から探すということですからとてつもない労力がかかります。しかも見つかった卵が1.5mmの透明な卵だというのだから驚きです。
しかし、産卵場の確定により、ウナギの生態の研究が急速にすすんでいることも事実です。以降、研究の成果次第では、ウナギの完全養殖(卵から育てる)が実現できれば、ウナギの高騰問題も一挙に解決するかもしれません。
posted by IKJ at 20:40| メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。