2013年01月12日

iPS細胞


先日、2012年ノーベル医学・生理学賞が発表され、京都大学の山中伸也教授の受賞が決定しました。今日は、山中教授が率いる研究グループが世界で始めて作成し、受賞理由にもなったiPS細胞について、解説します。
日本語だと、人口多能性幹細胞と呼ばれ、iPSは英語のinduced pluriopotent stem cellsの頭文字をとったものです。当時流行していたiPodのように世界に普及してほしいということで、敢えてiは小文字にして、山中教授自身が命名しました。
iPS細胞のすごいところは、万能細胞という1つの細胞からあらゆる体の組織が作り出せる細胞であるというところです。
例えば、人間の皮膚の細胞をいくら培養したところで、心臓が出来るということは普通あり得ないですよね。しかし、人間ももともと一つの細胞(=受精卵)です。このように、1つの細胞が何にでも分化して、最終的にあらゆる器官になりうる細胞を万能細胞といいます。
この万能細胞が、生物の皮膚などの細胞を取り出し、それにたった4つの遺伝子を導入するだけで出来てしまうのが、iPS細胞です。このiPS細胞を人間に応用できれば、今まで医療技術では再生し得なかった、歯や脊椎などをiPS細胞から作り出すことが出来たとしたら、従来の医療の可能性を大きく広げるかもしれない技術になります。
再生医療については、従来から研究が進められており、2007年には万能細胞の一種であるES細胞を発見した教授がノーベル賞を受賞しています。
しかし、このES細胞はひとつ問題がありました。ES細胞を作成する過程で、受精卵を壊し、核を取り出す工程があります。これが、(壊さなければ一つの命としてなりうるはずの)命を絶っていることにならないかという生面倫理上の問題がありました。
そこで、登場したのが今回のiPS細胞です。iPS細胞は皮膚など、理論的にはあらゆる細胞から作り出せるためこうした生面倫理の問題をクリアした万能細胞ということが出来ます。
近い未来、病気の治療といえば、薬を飲むのではなく、iPS細胞から作り出した自分の体の一部を取り替える。そんな時代が来るかもしれません。
posted by IKJ at 15:46| メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SPI3


リクルートが7年ぶりにSPIを改訂し、今の4年生つまり2013年卒の現在まで使われているSPI2から、2013年1月4日よりSPI3にリニューアルすることを発表しました。
(就活を継続している現4年生に関しても1月からはSPI3を受験しなくてはならないことになります)
そこで、今日は気になるSPI2からSPI3への変化について話していきたいと思います。
(1) 能力テストは変わらない。
能力テスト(言語、非言語共に)に関しては、問題形式の変更は報告されてません。つまりは、今までのSPI2の問題集もそのまま使って対策できることになります。
(2) 性格適性テストはリニューアル。
これが一番の変化です。SPI2は職務遂行場面で現れやすい特徴を見る問題が多かったのですが、時代の変化に伴いSPI3では周囲や組織との関わりの中で現れやすい特徴が分かるテスト形式になります。
(3) テストセンター受験の場合は、性格テストは事前に家で受ける。
(4) 企業側でテスト結果の報告フォーマットが変わる。
ということで、就活生には大きな影響は無さそうですが、知っておいて今後の対策に生かしていただけたらと思います。ではでは。
posted by IKJ at 15:45| メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予算が足りない?(2012年9月号)


今、日本は予算が足りなくなるかもしれない事態にあります。
日本の2012年度の一般会計予算は約92兆円。それに対し、今年度の税収の見込みは42兆円ほどしかありません。ですから、50兆円ほど足りないわけです。
では足りない分の50兆円をどうするか?当然、借金つまり国債を発行するしかないわけです。
しかし、その年の赤字を埋めるために、国債を発行してはいけないということが、財政法という法律で定められています。考えてみれば当然ですよね。もし、それを認めてしまったら、その年の予算はメドが付くかもしれませんが、借金しているに過ぎないわけですから、その分は当然未来に払わなければいけないわけです。
じゃあ、それを払うのは・・・借金をした世代ではないですよね。その先の若者世代、場合によってはまだ生まれていない子供たちということになります。そういうことが続けば、今の世代は散々借金して贅沢をして、そのツケは孫達が汗水を流して払うというような事態になってしまいます。
そういう事態にならないために、財政法によって禁じられているわけです。
しかし、その財政法で例外的に認められている国債があります。それが建設国債です。読んで字の如く、橋や道路などの建設物を作るために必要なお金を得るための国債です。
建設物は、医療などと違って、すぐになくなるものではないので、お金がかかるのはつくるときだけですが、その先も使えますし、将来世代にもメリットがありますよね。だから、建設国債は橋や道路の耐久年数と考えられている40年の国債を発行することが認められています。
例えば、みんなのお父さんが借金を抱えて急死したとしても、銀座で豪遊したことによる借金を残すのと、みんなで住める自宅の住宅ローンを残すのとは大分と訳が違いますよね。それと一緒です。
ただし、この国債は建設物にのみ使える例外なので、何でもかんでもというわけにはいかないです。実際、今年も6兆円弱しか建設国債の発行は出来ません。
ですので、残りの約38兆円あまりはそれでもまだ足りないわけです。今の日本の現状はまさにこの状態です。このままだと今年度すら乗り切れません。
ではどうするのか?
ここで特例国債という奥の手を使います。これは文字通り「特例」その年だけ赤字国債を発行するというものです。
ただし、これは特例中の特例(本当は毎年発行してますが…)なので、特例国債を発行する前に特例法(今年だけ特別に赤字国債発行していいですよという法律)を国会で決める必要があります。つまりは、財政法のルールの上に、特例法で特別ルールを被せる訳です。そんなのあり!?って感じですけど、実際毎年そうやって財政をやりくりをしているが日本の現状です。
今年は、その特例法が野党の反対で国会を通ってないのが現状です。ですから、予算を執行するだけの財源がまもなく足りなくなる事態になっています。
posted by IKJ at 15:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。